ドクター

うつになる前に読む1冊|あなたの心をキープ

  1. ホーム
  2. うつの特徴

うつの特徴

相談

うつは喜びを減らす

うつと単なるサボりや怠けの明確なちがいは、自分を責める気持ちが強いかどうかと言えます。しかしうつにもいくつか種類があるとされており、他者に責任転嫁するタイプのうつは「新型うつ」などと言われることもありますが、基本的にはツラいにも関わらず自分をさらに追い詰めてしまうのが特徴です。体がだるいとき、うつでなければ休息を取ろうと考えますが、うつの場合はだるいのは自分の自己管理不足のせいだなどと考えて、より頑張ろうとして疲れてしまいます。適切な休暇や休息、楽しい時間の持ち方が分からなくなりやすいです。そのため病院に受診するころにはひどくなってしまっているケースが多いです。もともと責任感が強いひとがなりやすく、初期の症状としては不眠があります。そこに加えて全身のだるさ、憂うつな気分がはれない、食欲が減るなどが二週間以上続くと、うつの可能性が高いです。ただ疲れがたまっているだけではそこまでの症状は出づらく、病気かどうかの判断材料になります。悪化してくると、消えてしまいたいであるとか、自分にはなんの価値もないなどという感情が毎日続きます。初期の時点で適切な休息を取れたり、カウンセリングを受けたりすると、長い投薬治療に入らずとも治りやすいとされています。脳内物質のセロトニンが、過度のストレスや過労で減っているので、食事や趣味の楽しみを感じられなくなり、何が楽しかったのかだんだん分からなくなるのも大きな特徴です。本来ならやることが楽しかったことを面倒に感じる、恋人や友人と遊ぶのもやりたくないといった思考回路が続くと、休息や治療が必要になります。自己肯定感が低くなり自信が減ったり、未来に何も良いことが無い気がしたりします。つまり、現実的な考え方が出来ないということです。健康な状態であれば、困難が目の前にあっても、そこからできることを見つけてひとつずつやればいいと分かりますが、過度に自分を責めていてはそういった判断は出来ず、ますます悪循環に陥るということが起こります。他者に相談してみれば本人の責任ではないと分かることまで背負い込んでしまい、生きているのがツラい状態です。見た目では分かりづらいので、本人がしろうと判断をすると治りづらいので、客観的に見てもらうことが必要な病気です。食欲不振や不眠、喜びの無い日々、気がついたら涙が出ているということが二週間以上続いたら、高い確率でうつだと考えられます。耳鳴りがしたり息苦しさを感じるケースもあります。パニック障害などと併発しやすいので、専門医に見てもらうのが肝要です。