ドクター

うつになる前に読む1冊|あなたの心をキープ

  1. ホーム
  2. うつについて知る

うつについて知る

レディ

セルフチェックで気をつけること

うつは真面目で責任感が強く几帳面なタイプがなりやすいと言われているので、そういうタイプの人は、うつかもと思っても仕事を投げ出したり、休養することが苦手でさらに症状を悪化させてしまいがちです。病院で専門家の診察を受けることが回復には必要不可欠ですが、もし時間がないとか周りの人に知られたくないのでもう少し様子を見ようと思っているなら、自分でできるセルフチェックをして見ましょう。最近体が疲れやすくだるい、わけもなく気が沈んだり気分が重いと感じるのはうつの代表的な症状の一つです。また、寝つきが悪く眠りが浅くなるなどの睡眠に関する症状も出てきます。特に以前何も思わずにできていた事が出来ないといった症状は、家族やまわりの人がうつに気づくきっかけにもなります。このように精神症状においては、感情と意欲そして思考この3つの面で現れます。それとともに身体の不調としても現れるのです。代表的なものは、睡眠障害や倦怠感などですが、他にもいろいろあり、普通は精神面と身体面両方に症状が現れますが、身体面だけの症状の場合、仮面うつ病という診断が出ることもありますし、検査をして実はうつ病が隠れていた事が分かるというケースもあります。セルフチェックはあくまでも自分の感覚で答えて調べるものです。この症状がほぼ一日中2週間以上続いているなら、うつ病の可能性がありますが100パーセントとは言い切れません。反対にこれらの症状が当てはまらないからといって絶対違うということではないので決めつけは禁物です。うつ病は、時間が経てば治るとか我慢できるというような種類の病気ではありません。自分一人でなんとかやり過ごそうとすると、症状がなかなか良くならないばかりでなく自分の努力が無駄になっているように感じさらに落ち込み症状が悪化することも考えられます。我慢せずに心療内科や精神科を受診し早いうちに治療を開始すれば、効果も現れやすく回復を早めることにもつながります。医師は患者の悩み症状などをよく聴き判断します、それでセルフチェックをしたならその結果を見せることも効果的です。診断が出て薬を飲み始めたら、必ず医師の指示に従うことが大切です。薬を飲み始めて効果が現れるには観察期間が必要です、勝手に自分で判断して飲む量を増やしたり減らしたり、飲むのをやめたりしてはいけません。薬を飲み始めて回復期に入ると完治したように感じることがあります。そこで勝手に薬を飲むのをやめると逆戻りになる可能性があります。最後まで医師の指示通りにし、ゆっくりゆとりを持って治していきましょう。