ドクター

うつになる前に読む1冊|あなたの心をキープ

  1. ホーム
  2. うつ病を改善したい

うつ病を改善したい

メンズ

様々な治療法でうつ病が治せる

職場や家庭でも、精神的なストレスを感じている人が多いため、うつ病に罹る人が増加しています。気分の落ち込みや意欲の低下などが見られるため、仕事や家事でミスをしやすくなったり、学生の場合は成績が急に下がることがあります。午前中は気分が優れない人が多いですが、夕方から夜になると辛い症状が緩和する人が多いです。気分の落ち込みが長く続いたり、テレビや雑誌、新聞、レジャーなどの娯楽を楽しめなくなる、人と会って話すのが好きな人が、人と会うのを避けるようになったり、部屋に閉じこもりがちになる人も少なくありません。そのまま放置をしていても、なかなか改善しないので、早めに精神神経科や心療内科を受診しましょう。精神神経科や心療内科は、心身の不調を感じている人が通院をする場所なので、清潔で明るい雰囲気の室内になっており、完全個室でカウンセリングや診察が受けられます。うつ病が悪化すると、入浴や洗面、着替えなどが億劫になってしまい、睡眠障害が見られるケースもあります。同居している家族に変化が見られたら、一緒に付き添ってあげることが大事です。心療内科や精神神経科のクリニックでは、一人一人の症状や体調に合わせた抗不安薬や、抗うつ剤、睡眠導入剤などを処方してくれます。すぐに薬の効果は実感できなくても、2、3か月服用を続けると、少しずつ辛い症状が緩和してきます。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気ですし、過度なストレスが掛かってしまうと再発がしやすいため調子が良くなってきても、減薬をしたり服用を中止しないことが大事です。少し症状が改善してくると、女性はお化粧をするようになったり、外出や買い物に行きたがるようになります。仕事や学業、家事などが続けるのが難しい場合は、一時的にストレスの多い環境から離れるために入院による治療もお勧めです。精神神経科の病院に入院するメリットは、朝型の規則正しい生活ができますし、充分な睡眠や休息を取れる環境が整っています。精神神経科の病院では少し症状が改善してくると、外出をしたり、自宅に外泊が出来るようになります。精神神経科の病院では投薬による治療はもちろん、認知行動療法や音楽療法、作業療法などの治療が受けられます。うつ病の症状が重く自殺念慮などが見られる場合は、入院をさせたり、休学や休職をさせたほうが良いでしょう。同居している家族は過干渉になりすぎないことが大事ですが、変化を見逃さないことも大事です。家族も適度に休息や娯楽を楽しんで下さい。