レディ

うつになる前に読む1冊|あなたの心をキープ

うつの特徴

相談

うつは、その症状からまだまだ誤解をされることも多い病気です。本当にツラいのに怠けていると思われたり、辛くなっている本人すら自分が悪いのではないかと思ってしまいやすい傾向があるので、メンタル的にツラい病気のひとつです。

うつ病患者への生活支援

医者

うつ病になると金銭管理や家事が苦手になります。金銭管理には日常生活自立支援事業があり、家事に対しては家事援助があります。苦手な点が出来るようになると終了となります。

うつについて知る

レディ

うつ病かなと感じたら、セルフチェックをしてみましょう。症状がいくつか当てはまったら、医師の診断を受けるのがベストです。セルフチェックに当てはまっているからといって、うつ病だと断言はできませんが、診察を受けてみる価値はあるでしょう。

診察の流れと注意点

看護師

薬は根気よく服用しよう

日本ではまだまだ心の病に対する理解が進んでいないとはいえ、近年はうつ病などの心の病を専門的に治療する精神科や心療内科が増えています。心の病については家族や同僚には話せないという人は、精神科や心療内科の医師に相談してみましょう。病院での受信方法は、内科や外科などの通常の受信方法と何も変わりません。事前に病院に予約の連絡を入れて、希望の日時に病院を訪れるだけです。もしもこの時に、持病で服用している薬があれば一緒に持って行きましょう。また、事前にインターネットなどでうつ病の自己診断を実施したことがあるという人は、結果をメモに残すかプリントアウトして医師に診せると良いでしょう。内科や外科のように目に見えて原因が分からない心の病というものは、どんなベテランの意志でも診断が難しいものです。うつ病の度合いを調べるには情報が必要となるので、日常的に気になる症状や行動をメモに控えておくことも忘れないようにしましょう。医師は検査や診察の他にも、患者との会話を重視します。思わぬ一言から症状を判断したり、最適な薬を処方できることもあるので思いついたことは何でも話してみて下さい。診察の基本的な流れは、予約の時間に病院を訪れると、まずは予診といって簡単に症状についてきたれるので、これまでの治療の履歴や服用薬を伝えましょう。予診が終わったら、検査に移ります。体重や血圧の測定といった基本的なものから、尿検査や血液検査など病院から支持された検査は一通り受けましょう。心の病なのに検査が必要なのかと疑われるかもしれませんが、体調が悪い場合はうつ病が原因なのか、それとも他に原因があるのか調べる必要があります。もしかしたらうつ病ではなく何か重大な病を抱えているかもしれないので、指示された検査は一通り受けて下さい。検査が終わったら、結果と照らし合わせて医師が診察してくれます。場合によっては更に検査を行うことになりますが、大抵は医師との会話でうつ病か否かが診断されます。会話の内容で医師が必要な薬を処方してくれるので、全て飲み切りましょう。うつ病は風邪薬や頭痛薬とは異なり、効果が現れるまでに長い時間を要します。すぐに効果が出ないからと勝手な判断でやめてしまうと、うつ病が治らないどころか悪化してしまう恐れがあるので十分に注意しましょう。薬を飲み切ればまた診断を受けて、経過を観察します。万が一薬を飲むと体調が悪化するといったことがあれば薬が体に合っていない可能性があるので、全部飲み切らずにすぐに医師に相談して薬を変えてもらって下さい。

うつ病を改善したい

メンズ

うつ病は精神的なストレスが原因で発症する病気ですが、症状の重さには個人差があります。自殺念慮などが見られる場合は、一時的に精神神経科に入院をさせたほうが良いでしょう。